音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

キャレキシコ(Calexico)に学ぶ、ロックに可能性はあるのか?

20180216

 キャレキシコでDead in the Water。



 キャレキシコの最新作「The Thread That Keeps Us」。なんと彼らは9枚目なんですよね。アリゾナ出身の、アメリカを代表するというか、非常に有名なインディーバンドであるキャレキシコ。キャリアの中で、まさにオルタナティブでインディーなサウンドを作り続けている彼らなんですけれども、今回のアルバムは本当に素晴らしく、とってもグルーヴィーで、ファンキーで、そしてすごく力強いロックでいいんですよ。最近ロックってなかなか地味じゃないですか。ヒップホップだとか、ポップミュージックだとか、エレクトロニックミュージックのものすごい勢いを前にして、なんとなくロックというと、オールドスクールで、おじさんの音楽で、チャートを見てもほとんど入っていないしみたいな、そういう逆風の中にあって、頑張ってほしいなぁと思うんですけれども、その中で時代とイノベーションとを共に実現しながらポップであるというのはなかなか難しいんですけれども、このキャレキシコの新しいアルバムを聴いていると、すごくその可能性を感じます。じゃあこの作品が売れると思うのかというと、それは難しいかもしれませんが、でもすごくいいよね、ここに何か可能性があるよねっていう気がして、今回は、普通このバンドをここまで力を入れてここまで何曲もかける番組はないと思いますが、いっぱいかけてしまいます。ということで、まずはアルバムのオープニングナンバーから聞いてください。End of the World with You。




 いいですよね。ロックならではの長いギターソロもあるんですけれども、でもそれが古めかしいものではなくて、今の時代にギターソロってどういう形で成立するのかというと、こういう形だよねという形になっているし、ものすごくオーソドックスなエイトビートのドラムが鳴っているんですけれども、でもどう考えてもこれは2018年だよねという。例えば、アーケイド・ファイア(Arcade Fire)みたいなすごく先鋭的でポップで、でもあくまでもロック的なものの中にあるそういうものと非常に近いところにいるんですけれども、でもそれ以上のわかりやすさみたいなものがあって、面白いなぁ、ロックも可能性がすごくあるなぁというのを、僕はこの一曲目を聞いて思いました。そして、続けていったら、二曲目もいいぞ、三曲目もいいぞという感じになったんですけれども、そんな二曲目を今度は聞いていただこうと思います。Voices in the Field。




 気づいた方もいると思いますが、どの曲も短いんですよね。一曲目は2分38秒、二曲目も3分08秒ですし。なんと四曲もかけてしまうんですけれども、Bridge to Nowhereという曲なんですけれども、これも3分07秒。だから、ある意味すごくオルタナティブでインディーな音作りではあるんですけれども、ポップソングとしてきっちり通用する世界観とサイズ感が意識されていて、本当にロックというものがこの時代にどう有効であるのかということが、それはU2みたいに思わず力こぶしを振り上げて正面からやるというやり方もあるのかもしれませんけれども、また別の形での突破口をこのキャレキシコというのはきっちりと作っていると思います。3分07秒のこれもすばらしいポップソングだと思います。Bridge to Nowhere。




 本当に古典的にギターリフですけれども、それにポップなメロディーがあって、本当に音の肌触りの一つ一つの正確な作り上げ方が、2018年のリアル感をしっかり支えている、でも全体すごくオーソドックスなポップロックであるという感じが私的にはすごく気に入っていて、これを聞いているとロックいいなと思える、そんな手ごたえのある作品でございました。

ノーマン・クック(Norman Cook)、結婚して酒を断ったらつまらない男になったと言われ嫁に浮気される

20180202

児島由紀子「4年ぶりにリミックスアルバムを出すファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)、ノーマン・クック先生でございます。今度は「Fatboy Slim Vs Australia」というタイトルで、1998年のセカンドアルバム「You've Come a Long Way, Baby 」から20周年記念じゃないですか。それで、最近オーストラリアの若いダンスアクトとかファットボーイスリムに影響を受けた人たちが、ヒット曲をリミックスしているんですね。久々のツアーももうじきオーストラリアから始まるんです。今、オーストラリアは夏でフェスティバルシーズンじゃないですか。だから、それに合わせてこれを出すわけですよ。」

渋谷陽一「なるほど。なかなかの戦略ですね。」

児島「これは若いファンの中から出た話みたいですね。」

渋谷「ノーマン・クックもうれしかったんでしょうね。」

児島「そうですね。だから、本人もオーストラリアからツアーを決行するわけですよ。」

渋谷「一曲聞いたんですけれども、すごくモダンになっていますね。」

児島「そうなんです。中にはNorthlaneというハードロックバンドも参加しているんですね。だから、非常に幅広いですよね。」

渋谷「なるほど。DJからロックバンドまで多様にいるんですね。イギリスでファットボーイ・スリムというとどうなんですかね。」

児島「ライブをやると今でも万単位を必ず集められるくらいの知名度はありますよ。」

渋谷「やはりパワーはあるんですね。」

児島「ただし、新作を長い間出していないじゃないですか。というか、ノーマン・クックは生活面で過去数年大変だったんですよ。浮気をする奥さんのために、別れたり、またよりを戻したりしていたんですけれども、つい二年くらい前に別れたんですよ。イギリスで有名なテレビ番組の司会者なんですけれども、ノーマン・クックは典型的なアルコール好きのパーティーアニマルだったわけじゃないですか。それが、子どもができたからやめなきゃならないと本人はリハビリをしてやめたわけですよ。でも、奥さんは酒をやめた途端につまらない人間になったと言って、次から次に若い男と浮気するようになったんですよ。」

渋谷「すごい話ですね。」

児島「子どもがいるのに。ノーマン・クックも数年苦しめられていたんですけれども、ついに2016年に離婚してしまいました。」

渋谷「じゃあ新しい人生の門出にこういう作品を出したんですね。彼としても気合が入っているんですね。」

児島「そうです。だって1月2月とびっしりと二か月かけてビッシリとオーストラリアをツアーするんですよ。」

渋谷「いいリスタートになるかもしれないですね。」

児島「そうなって欲しいですね。」

渋谷「本当にモダンな音作りになっていて。」

児島「今の若い人が好きなEDMのアーティストの中にも、影響受けている人たくさんいると思いますよ」

渋谷「いますね。それがいい形でこのリミックスには反映されていますね。じゃあ、これからのノーマン・クックの活動は、また別の形で注目されて面白いかもしれませんね。」

児島「そうですね。また今年の夏フェスシーズンとかで来日してくれると嬉しいですけれどもね。」

渋谷「本当に若い世代のリミックスによって、彼の曲がまた新しい表情を見せているという、すごく面白い作品だと思います。Praise Youという彼のヒットナンバーのThe Kite String Tangle Remixで聞いていただこうと思います。」



渋谷「ファットボーイ・スリムのリミックスはめちゃめちゃかっこよかったですよね。少しEDM色も入りつつ、非常にモダンな佇まいになっていて、やっぱりダンスミュージックってすごくリズムのパターンとかアレンジのパターンが、時代的な記名性高いので、その時代に盛り上がったビートはその時代のものという感じがするんですよね。でもそのビートが鳴ったから音楽そのものが陳腐化してしまうのかというとそんなことはなくて、音楽が持っているエネルギーとかいろいろな骨格みたいなものは決して失われることはないわけで、そこにダンスミュージックとしてのリズム感とかアレンジがもういっぺん新しい解釈として入ってくると、その音楽は変わっていくんだなぁと思いました。ファットボーイ・スリムというのは、結構その時代の記名性が高かったですからね。あの時代の匂いがすごく強くて、それはそれで、無責任な楽しさというか、盛り上がり感が僕も大好きだったんですけれども、でもそれが今通じるのかというと、その世界観はちょっと修正がいると思いますが、それを新しい若い世代たちがリミックスして提示したわけですね。」

ジョニー・マー(Johnny Marr)に学ぶ、イギリスのホームレス問題

20180112

児島由紀子「今年の春にソロの新作を出すジョニー・マーについてです。去年の年末に新曲を出したんですね。The Priestという曲で、マンチェスター出身の女優でマキシン・ピーク(Maxine Peake) という人がナレーションをやっているんですけれども、この詩はエディンバラのホームレスの少年が書いた詩らしくて。ジョニー・マーとマキシン・ピークは同じマンチェスター出身で。このマキシン・ピークは「The Theory of Everything」という映画に出たこともある、もともとは舞台女優だったんですけれどもね。以前からジョニー・マーとは知り合いだったみたいで、ジョニー・マー自身もいつかコラボしてみたいって言っていたんですね。なので、この曲は今年の春出る新作に入るとは限らないですけれども、なんとなく方向性をサジェスチョンしていますよね。かなり意欲的で変わったものになるんじゃなかという気はしますよね。北部イングランドはすごくホームレスが多いんですよね。マンチェスターもそうですけれども。マンチェスターはイギリスで一番治安の悪い地域がたくさんあるところですから。昔からすごく気性の荒い土地だったんですけれども、最近すごいんですよ。」

渋谷陽一「では、ここで語られてる詩もそういった現実を反映している詩なんですか。」

児島「そうそう。まさにそういう現実を反映しているんですよ。」

渋谷「ある意味ヒップホップの世界に近い感じですね。」

児島「グライムってご存知でしょうけれども、こういう感じなんですよ、まさに。だから、これはジョニー・マー流のグライムだと思いますよ。」

渋谷「ある意味すごくモダンなポップミュージックのスタイルになっているんですね。」

児島「そうなんですよ。本当にこの人は才能ありますよね。」

渋谷「この新曲を聞くと、今度の作品はかなり期待できそうですよね。」

児島「非常に新しい切り口が満載になりそうで、非常に楽しみです。」

渋谷「ジョニー・マーの意欲作、マキシン・ピークとともに演奏しているナンバーを聞いてください。The Priest。」


ニール・ヤング(Neil Young)vsドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領

20180112

 ニール・ヤングの「The Visitor」という作品が発表されました。まさに、異邦人=Vistorとしての自分。皆さんご存知の通り彼はカナダ人ですけれども、アメリカという国でずっと歌い続けているスタンスの中で、敢えて「The Visitor」というタイトルの作品を作りました。そしてそのアルバムのテーマというのは、今現在のアメリカ。そして、トランプ政権の在り方というものに正面から向き合った作品です。まずアルバムの一曲目、Already Greatという、すでにアメリカはグレイトであるという、トランプ大統領のもういっぺんアメリカを偉大にするというメッセージへ対抗する曲です。


  
  ちなみに俺はカナダ人でアメリカが大好きだ
  こんな生き方が大好きだ
  行動の自由言論の自由が
  すでに偉大だ
  お前はすでに偉大なんだ
  約束の地であり救いの手だ
  壁はいらない
  憎しはいらない
  ファシストのアメリカはいらない
  すでに偉大だ
  お前はすでに偉大なんだ
  約束の地であり救いの手だ

 あの高齢にしてこのエネルギー。毎回ニール・ヤングの作品を聞くたびに思いますけれども、続いての曲は、

  変わっていく世界について考えて来た
  夢のかけらに馴染もうとしない
  ただ納得しようと意味を解き明かそうとしていた

 という歌詞をもつナンバーでございます。Neil Young and Promise of the RealでAlmost Always。



 Already GreatもAlmost Alwaysもニール・ヤングの王道ナンバーでしたけれども、ニール・ヤングはそこに留まることなくどんどん独自の世界に進んでいるのはみなさんご存知だと思いますが、次のChildren of Destinyというタイトルもストレートな曲なんですが、この曲ではもうフォークだとかロックだとかゴスペルとかそういう領域ではなくて、なんか違う所に行っていしまった、かといってアバンギャルドではなくてものすごくポップなナンバーなんですよね。なんかクリスマスソングみたいなそんな印象を持ったんですけれども、すごい曲だと思います。歌詞もいっさいのぶれた解釈を許さないものすごくストレートな歌詞で、

  信じるもののために立ち上がれ
  権力に屈するな
  大地を守れ
  海を守れ
  運命の子ども達のために
  お前と俺の子ども達
  もしも善が負けて悪がのさばるならば
  幸福が悲しみになって平和が消えてしまったら
  お前はどうするつもりだ
  なんと言うつもりだ
  そんな新しい日にどう行動するんだ
  信じるもののために立ち上がれ
  権力に屈するな
  民主主義のやり方を守るんだ
  子ども達が自由でいられるように
  運命の子ども達


Eminem(エミネム)を選ぶか?ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領を選ぶか?

20171208

中村明美「エミネムが2013年ぶりの4年ぶりの新作を完成させたという話題です。「Revival」という作品なんですけれども、この新作がこれまでの作品よりもより楽しみだなと思える点がいくつかありまして、一つはこの新作を発表する前にテレビに出演していきなりフリースタイルを披露したのですが、そこでなんとトランプ大統領を思いっきり批判したんですね。その中でファンに対して、俺を選ぶか、トランプを選ぶかどっちかにしろとハッキリと言ったところで、翌日のメジャーなメディアは大絶賛というか、大騒ぎしていたんですけれども、その理由というのはそこまでトランプを思いっきり批判するアーティストはなかなかいないということと、エミネムはケンドリック・ラマー (Kendrick Lamar)みたいなアーティストとは違って、彼のファンはトランプ支持者が多いような区域に多いので、彼が言ったことが実際にファンに届くというか、トランプ支持者に本当に響くのではないかということで、そういう意味では彼のキャリアも危険になるんですけれども、そこまでアーティスト生命をかけてはっきり言ったということにすごく意味があるということでメジャーなメディアは大絶賛していました。そこがこれまでのエミネムとは違うなというモードが現れていた一つの理由です。もう一つは、最初に発表したシングルがいきなりビヨンセ(Beyonce)との共演だったという。ビヨンセくらいの大スターとエミネムという大スターが二人で共演するなんて誰も思っていなかったので、それだけでもビックリしたんですけれども、その内容も俺は神じゃないんだと。アルバムを作るたびにみんなに絶賛されるけれども、俺は神じゃないからすごく苦労しているという、自分の内面をすごく語った作品で、そういう作品だからこそ理解してくれるのはビヨンセのような人だろうなと思って、彼女とは長年共演したかったそうなんですけれども、今回これがピッタリだろうと思って、彼女に聞いてもらって気に入ってもらって、共演してもらえたといういきさつがあります。これまでとは違ったモードで、大人というか、彼なりに成長した作品が期待できるのではないかと思います。プロデューサーもリック・ルービン (Rick Rubin)とドクター・ドレー(Dr. Dre)ということで、大御所二人と仕事をしていて、怒りといっても、エミネムはこれまでも怒りを表現してきたアーティストですが、もっと大きな世界に対する怒り、政治に対する怒りみたいなものがこの作品で期待できるのではないかなぁということで、すごく楽しみです。」

渋谷陽一「本当に楽しみですね。アルバム全体を聞けるのが。心待ちにしたいと思います。それではエミネムがビヨンセをフューチャリングしたナンバーを聞いてください。Walk on Water。」



記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ