音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

元マンサン(Mansun)のポール・ドレイパー(Paul Draper)、マンサンの悲劇的な解散後14年ぶりに復活する

20170901

児島由紀子「14年ぶりに初のソロアルバムをリリースする元マンサン(Mansun)のポール・ドレイパー(Paul Draper)についてです。」

渋谷陽一「マンサンいましたねぇ。まだやっていたんですか、この人は。」

児島「マンサンは2003年に解散しているんですよ。それ以後は他のアーティストのプロデュース業をやっていたんですね。バンドの解散の事情が非常に最悪だったので、そういう時期に本人もガンの診断をうけたりして、疲れ切っていたようなんですよ。当分業界からは離れていたかったそうで。」

渋谷「でも14年の期間がたって、やっぱり自分は音楽をやるんだと。」

児島「そうですね。マンサンといえば、英国伝統のギターロックが流行っていた時に、ビートルズとかストーンズとかキンクスのサウンドを真似ていたころに、プログレみたいなアルバムを作っていた不思議なバンドだったんですけれども。」

渋谷「独特の世界観がありましたよね。耽美的な。わりと人気もありましたよね。」

児島「ありました。ファーストアルバムは全英一位になったくらいですから。レコード会社から言われて外部プロデューサーを入れたサードアルバムあたりからおかしくなってきたんですよ。内部抗争もあったし、メンバーの一人がバンドの金を使い込んでクビになったり、非常に悲劇的な解散の仕方をしたんですね。今回のソロアルバムにも、その頃のことを歌っている曲、Friends Make The Worst EnemiesとかYou Don’t Really Know Someone ‘Til You Fall Out With Them、喧嘩別れしてみないと人間の本当なんて分からないと、こういう歌がたくさん入っているんですよ。 」

渋谷「なるほど。この14年を清算するような意味で。ある意味エモーショナルではあるんですね。」

児島「ものすごいエモーショナルです。この人独特のエモーショナルなボーカルで。今回のアルバムはシンセが主体ですよね。マンサンはギターバンドでしたけれども。」

渋谷「一曲しか聞いていないですけれども、そんな感じですね。」

児島「この人独特のシンセの感覚が出ていて、非常にいいアルバムだと思います。」

渋谷「では、イギリスでも結構話題になっていますか」

児島「話題になっていますよ。」

渋谷「では、本格的にソロ活動が始まるということで、注目している感じですね。」

児島「さらに今回はソロツアーもあるんですよ。」

渋谷「気合が入っていますね。じゃあ注目していきたいと思います。Things People Want。」



アーケイド・ファイア(Arcade Fire)に学ぶ、現在を象徴する「すべてが今である」という世界観とは

20170901

 アーケイド・ファイアでInfinite Content。



 アーケイド・ファイアの最新作「Everything Now」。今聞いていただいたのは、1分38秒の非常に短い曲なのですが、Infinite Content、無限のコンテンツという内容の曲です。こんな歌詞です。

  無限のコンテンツ
  無限のコンテンツに僕たちは限りなく満たされている
  君はすでに有り金をはたいてしまった
  君はすでに有り金をはたいてしまった
  無限のコンテンツ
  無現のコンテンツを手にした僕たち
  無限のコンテンツに僕たちは限りなく満たされている
  すでに君は有り金をはたいてしまった
  無限のコンテンツに

 このアルバムのテーマはまさにタイトル通りのEverything Now。すべてが今であるというメッセージなんですけれども、そのひとつの断面を象徴する、まさに僕たちは無限のコンテンツを持っていて、ありとあらゆるコンテンツが手に入る。昔は書店に行って本を買って、物がなければ注文して、でも絶版でそれもなければ云々とか、映画を見ようにも昔の映画は手に入らず、DVDも出ないで、名画座であと3年後に回ってくるのを待つかみたいなのどかな時代だったわけですよ。無限のコンテンツなんて手に入らない。けど、今はどんな形にしろ、それこそ廃盤になってしまったクラシックロックもクラシックポップも、ネットを探せばすぐに手に入れることができて、ましてや見た事もないような映像まで手に入るという時代にあって、まさにInfinite Content、我々は無限のコンテンツに囲まれながら暮らしている、僕たちはそれに有り金をはたいてしまう、そういうシャープなナンバーなんですけれども、今回のアーケイド・ファイアの今の時代とはどういう時代であるのかっていう世界観が非常に象徴的に歌われております。僕は、彼らの「The Suburbs」というアルバムが出た時にすごいと思ったんですよね。まさにあそこで歌われていた彼らの世界観というのは、世界が郊外になっている、すべてが郊外化しているという。これはすごいなぁと思いました。ちょっと郊外に出たショッピングモールの絵は、日本でも、中国でも、それこそナイジェリアでも、あるいはヨーロッパにおいても、みんな似ているんですよね。全世界で均一な郊外が存在しているというSF的で怖い世界観というのが、まさに今の世界を象徴しているという彼らのメッセージは見事なものだったと思います。今、アーケイド・ファイアが僕たちに示している世界観は、すべてが今であるという。とにかく今、すべてを手に入れなければならないという僕たちの欲望。そしてそれが実現されることによる、ある意味での不幸、みたいなものがテーマになっております。このアルバムを象徴するEverything Nowという曲を続いてかけようと思います。

  道路は標識ですきまなく埋め尽くされ
  少年たちは一人残らず同じフレーズを使い
  僕はすべてにいますぐ忠誠を誓う
  そして今までに僕がきいてきた曲が
  ひとつのこらずいっせいに鳴っている
  とりとめとなく
  その様子が僕に思い出させるのさ
  すべてを今すぐ
  さあスピーカーが壊れるまで音量を上げよう
  君がほほ笑む時はいつもフェイクだから
  見せかけはやめてくれ
  君がもっているかのように
  今すべては僕には必要ない
  すべてが今欲しいんだ
  すべてを今
  生きていけない
  すべてが今なければ生きていけない
  すべてが今なければ
  すべてが今なければ
  道路のいたるところが街に開発しつくされているのに
  父さんどうしてあなたはいつまでたっても来てくれないんだ
  今何につけてもあなたが恋しいよ
  母さん食べ物をコンロの上に置きっぱなしにして
  道のど真ん中に車を乗り捨てて
  この幸せな家族は今すべてを手にしているんだ
  さあスピーカーが壊れるまで音量を上げよう
  君がほほ笑む時はいつもフェイクだから
  見せかけはやめてくれ
  僕の部屋は一つ残らずなくては生きていけない物でいっぱいになるまで
  僕には必要なんだ
  すべてが今
  すべてがなければ生きていけない
  すべてが今なければ
  すべてが今なければ
  また暗闇にはまってしまった
  もう元通りには戻れない
  すべてを今手に入れなければ気が済まない


  
 まさにこれはABBAかと思うくらいにポップなナンバーで、すごい曲で来たなぁという感じなのですが、歌われているのは今聞いていただいたように、まさに今の時代に対する彼らのすごく暗い認識。彼ら自身は、この先この世界には何もないんじゃないかというくらいに深く絶望しているという、そういう終末感みたいなものをものすごくセンチメンタルでメランコリックに、でもリアルに、どの曲もこのようにメロディアスなことがこのアルバムを独特なものにしています。ただ、すごく内容は暗いですし、かなりリテラシーを要求されるサウンドデザインが多かったりします。今のEDM的なものや、すごくわかりやすいポップソングが隆盛のシーンの中において、このシリアスなロックがどこまでやれるんだろうと思ったら、全米ナンバーワンというチャートアクションを記録しています。次にElectric Blueという曲をかけるんですけれども、このシングルをきつくてすごいのをきってきたなとおもったら、いきなりトップ5ヒットになって、それこそザ・チェインスモーカーズ (The Chainsmokers)とか、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)と並んで、このアーケイド・ファイアが入っている所をみると、すごいなぁと。やっぱりこの音の、時代的な洗練されたアレンジ、そしてメッセージのすごく的確さみたいなものがちゃんと市場をうっているんだなぁと、そのへんもなかなかすごいなぁと思います。このElectric Blueという言葉もいいですし、そして歌われているこの曲の全体の雰囲気もいいです。

  夏がいってしまいあなたもいなくなってしまった
  空をみて感電死させるのよ 
  あなたにそっくりなたくさんの少年たちを
  私の目をふさいでElectric Blueで
  今の私には理解できないの
  分かったつもりでいたけれども
  分かったのは私が名にも分かっていないということ
  私に似たたくさんの女の子たちが
  あけた海をずっと見つめながら言葉をとなえているわ
  それらが真実になるまで
  私の目をふさいでElectric Blueで
  今あなたは私をとてつもなく困らせているわ
  あなたのブルースをどう歌えばいいのかわからないのよ 
  まったく私に何ができるというの
  あなたのブルースをどう歌えばいいのか分からないのよ
  私の目をふさいでElectric Blueで
  私の目をふさいでElectric Blueで
  来る夜も来る夜も
  あなたの夢を見るのよ
  来る夜も来る夜も
  あなたの夢を見るのよ



 このアルバムの国内盤のライナーノーツを中村明美さんが書いているんですが、その中でこのEverything Nowについてウィン・バトラー(Win Butler)がBBCのラジオのインタビューで答えた発言が引用されています。

  今何もかもがすべてを今という世の中になってきている。すべての出来事にすべての面が包囲されていて、その中でリアルなこともあれば、フェイクなものもある。こちらに何かを売りつけているようなものもあれば、核心をつくようなものもある。そしてすべてものもがすべての隙間に、すべての瞬間に、異なる何千もの屈折したものを生み出しているような気がするんだ。つまりこの作品では、その欠点も、栄光も、すべてをひっくるめて今を生きる経験をとらえようとしたんだ。

 すばらしい発言だと思います。Everything Nowという状況に対して、なんていう世の中なんだでもないし、なんてすばらしい世の中なんだというわけでもなく、我々はこのEverything Nowという時代に生きぜるを得ないわけであって、その時代とは何であるのかということをしっかりととらえて、そういう作品にしたんだと。ただ、今起きていることは正確に見ておこうと、このアーケイド・ファイアです。これにすべての金をかけてくれというナンバーを続いて聞いてもらおうと思います。Put Your Money on Me。



 アーケイド・ファイアはシングルもヒットしているし、アルバムの方も堂々チャートのナンバーワンを飾りました。こういうシリアスなロックが商業的にも成功して、なおかつメッセージ性が強くモダンな作品を作っているという、なかなか今の時代困難なことをアーケイド・ファイアはやり続けていて、今回もすばらしい作品と結果を残しているということは、すごいなぁと思うし、こちらもミュージシャンでも何でもないですけれども、勇気づけられます。

フジロックフェスティバルのニール・ヤング(Neil Young)伝説

20170818

渋谷陽一「ニール・ヤングで1991年の北米ツアーのHey Hey, My My。」


渋谷「どうですか、このギターの音。」

山口隆「1991年だから、グランジの人たちからの「ニール・ヤングすごい」という熱があがっているときですかね。」

渋谷「こんな音ギタリストとしてどうですか。」

山口「こういう人がいるからこそ、こういう音が安心して出せますよね。」

渋谷「滅茶苦茶だよね。この音。」

山口「ニール・ヤングのギターこそ最高ですよね。」

渋谷「そういう人は圧倒的に多いですけれどもね。ニール・ヤングがフジロックに出た時に、Like A Hurricaneを30分くらいやるんだよね。終わらない終わらない。15分くらいまではみんな興奮していたけれども、20分くらいになると心配になってきて、30分くらいになるとこれは延々とやるわけって。当然、彼の持ち時間ははるかに越えていて、トータルで2時間以上やったんじゃないかな。無茶苦茶な人ですよね。」

山口「やっぱり、でもこの人はすごいなって思いますよね。ニール・ヤングって日本に入ってきたときはどんな感じだったんですか。」

渋谷「やっぱり、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash & Young)のニール・ヤングで、バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)のニール・ヤングだから、フォークの人だよね。そこから、「After The Gold Rush」「Harvest」でより一層ソロアーティストとして全体像が見えてきて、滅茶苦茶なロックミュージシャンという風になっていったのは、その後だよね。」

山口「「After The Gold Rush」はリアルタイムですか。」

渋谷「当然当然。」

山口「「After The Gold Rush」をリアルタイムで聞いてどう思いましたか。」

渋谷「最高でしょう。あれが出た時は絶賛の嵐ですよね。」

山口「やっぱりそうなんだ。」

渋谷「ニール・ヤングのTシャツ着てるじゃないですか。山口さんは。」

山口「今日は渋谷さんと会うと思って、ニール・ヤングのツアーTを着てきましたよ。」

U2のボノ(Bono)はカリスマか?ただウザいだけか?

20170818

渋谷陽一「ボノは、ものすごく尊敬されてはいるけれども、叩かれることも多いという、独特の立ち位置にいるアーティストだとおもうんですよ。ニューヨークでセレブが集まる大パーティーがあって、このパーティーに一つ足りないものがある。それはボノがいないと。要するに、何でもVIPが集まる所には必ずボノがいるということを揶揄されているわけですね。ボノとかやっぱりいつもこういう所にいるよねぇって。」

山口隆「僕なんか少年時代に、日本の彼らからすればローカルだと思うんですけれども、ローカルな番組に出て環境問題を話して帰っていくとか、ある日携帯電話にU2の新譜の曲が入っていて、俺なんかはうれしいじゃんって思ったけれども、賛否両論になったりとか。」

渋谷「そうなんだよね。某大手携帯メーカーと配信の契約を結んで、全部にU2の新譜がダウンロードされて、ファンは大喜びしたけれども、みんななんだそれって。ものすごい商業的なキャンペーンじゃないっていう風に思われたわけです。ボノにしてみれば、ファンに喜んでもらって、ネット時代の新しい音楽の在り方についての冒険だと思ったんだけれども、叩かれちうと。そして後からごめんねって言っちゃうと。」

山口「逆にそういう所がU2のスター然としたところなのかもしれませんね。」

渋谷「アフリカへの救済という大キャンペーンをやってそのドキュメンタリーを見たんだけれども、アフリカの支援をものすごくやっているNGOとかNPOの法人から、「あなた現実みてないじゃん」みたなことをガンガン言われて批判されるわけです。ボノもおそれずにそういう場所に敢えて行くわけですよ。そして政治家と握手するというネゴについて「俺なら会ってくれるから」って。それって自分のイメージアップのためでヤバくないって思っても、「俺はボノだから会ってくれるから」って言って、テレビ局を連れて行くわけですよ。それで政治家を説得するという。そこで何かを言われるというのは彼も分かるんだけれども、そこで敢えて手を突っ込んでいく。そして、予想通りに「結局売名行為じゃない」と言われながらもやると。でも、常にアルバムは売れ続け、社会的な運動に対しても常に積極的であるというというポジションを守り続けているという。」

山口「凄いですよね。矢面に立つことを怖がらないし。」

渋谷「カリスマボノという側面と、とにかくウザいボノという、その両方の評価を引受ながらもやり続けるという。」

山口「ロックンローラーの代表という感じがします。」

エド・シーラン(Ed Sheeran)はなぜ売れたのか?

20170818

渋谷陽一「今のポップシーンの顔ともいえるエド・シーラン。今年はグラストンベリーに出演して圧倒的なパフォーマンスを見せました。」

山口隆「やっぱり人気は頭一つ抜けている感じですか。」

渋谷「やっぱりエド・シーランはすごいんじゃない。スタイルも変えないで、延々と弾き語りみたいな形で、スタジアムで何でもやって、あれは強いよね。僕は、彼が日本に初来日した時に、青山のクラブで数十人を相手に、ちょうどエド・シーランが僕と山口君の距離くらいの所でのショーケースライブを見てきました。絶対にエド・シーランはいくとその時思って、あまりみんなは押し寄せなかったんだけれども、個人的に押し寄せてすぐ近くで見て、こいつすごいなぁと。イメージ通りの気さくなにーちゃんだったけれども。」

山口「メロディーと声ですか。」

渋谷「それとやっぱりあのパフォーマンスだよね。説得力あるよね。」

山口「これは昔の人だと誰かなぁと。ボブ・ディラン(Bob Dylan)でもないし。」

渋谷「昔ならこのスタイルで全世界を席捲することはなかったけど、これが出来てしまうということが今のポップミュージックの面白い所かなぁと思います。アメリカでなんでエド・シーランが受けるのかということを僕の知り合いのアメリカ人に聞いたら、アメリカではとにかくキャンプ・ファイアーで聞くと最高なんだよと。全然意味分からないんだけれども、それぞれの聞き方があるんだよね。その、キャンプ・ファイアーのエモーションを喚起する何かがあるんだと思う。」

山口「あの国すごいです。俺は一回ブラジルに行って、トランジットでダラス(Dallas)に寄ったんですけれども、空港で爆音でトム・ウェイツ(Tom Waits)がかかっていましたからね。当たり前なんでしょうね。彼らにとっては空港でトム・ウェイツを爆音でかけることが。」

渋谷「それぞれにそれぞれの脈々に受け継がれているファンと文化があって、日本においては洋楽は一つのトレンドの中で解釈されちゃうけれども、アメリカでは文化なんだよね。それは日本においても、日本のポップミュージックは脈々と延々とお客さんをずっと動員しているアーティストもいるわけで、それと同じようなものだと思いますね。」
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ