音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

現在のザ・ビートルズ (The Beatles) 、ミーゴス(Migos)

20180323

 ミーゴズの最新アルバム「Culture II」を聞いていただこうと思います。これほど内外格差の大きいユニットはないですよね。今やヒップホップシーンを征服したといってもよい巨大な存在のミーゴス。しかし、そんな事を言ってもぜんぜんピンとこない日本の音楽事情。ゴールデングローブ賞でいろいろ賞をとったドナルド・グローヴァー(Donald Glover)、ヒップホップシーンではチャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino)という名の方が通りがいいですけれども、彼がミーゴスについて、「まさに彼らはこの時代、俺たちのビートルズなんだ」と言ったわけですけれども、全然ピンとこないですよね。でもまさにそんな存在なんですよね。彼らが登場したことによって、ヒップホップは文体から構造から音の在り様からみんな変わってしまったという。ミーゴス以前とミーゴス以後ですっかり変わってしまったというとんでもな存在なんですけれども、その変わり方がなんとも説明しにくいという。当初出てきたときは、ユニークなスタイルと歌詞もある意味前衛的なわけですけれども、でも難しいことを言っているわけではなくて、ブランドの名前をただひたすら連発しているって、これちょっと頭悪すぎないかっていうシュールな歌詞でガンガンきているんですけれども、でも音楽の洗練度と彼らの存在とメッセージと在り様は本当に革命的な存在だと僕は思っています。こんなユニークなスタイルですと、おんなじワンフレーズを延々続けて、でもいっぺん聞き出したらやみつきになってしまうと、そういう感じのある彼らの音をまずは一曲聞いていただきたいと思います。Walk It Talk It。



 このスタイルが今やヒップホップシーンを席捲しています。最初にミーゴスを聞いた時のこのゆっくりさと音数の少なさ、そしてこの三連符連発の独特のヒップホップスタイルというのは非常にインパクトがあって、そしてビデオを見るととにかくどれだけゴールドのアクセサリーをいっぱいつけて、豪華な車にのって、裸のお姉さんをいっぱい侍らすのが一番偉いかみたいなこの世界観だったら頭痛いなぁという感じだったんですけれども、でもこの音はすごいですよね。そして、彼らが持っている一つのカルチャーみたいなものはものすごく強固なものとして確立されていて、ものすごい影響力を行使して、アルバムも当然のごとく全米ぶっちぎりのナンバーワンになり、セールス的にも文化的にも音楽的にも、あるとあらゆる人達のフィーチャリングアーティストとして登場していて、本当に今はミーゴスの時代だということで、どんどんいこうと思います。Gang Gang。



 ミーゴスファンからなんでこの曲を選ぶのかと言われるかもしれませんが、ヘヴィ・メタルバンドのバラードをかけているみたいなものかもしれませんが、ミーゴスのディープなナンバーはいろいろ大変で選曲には苦労したのです。なんとミーゴスが来日するという情報があって、「えー、ミーゴス来日。絶対来ないよな」と思いながらもすごく楽しみにしていたら、寸前になって「不測の事態でミーゴスは来日中止」って。「やっぱりなぁ、不測の事態ってよくわからないぞ」みたいな感じで、日本でライブを見ることはできなかったんですけれども、見たかったなぁという感じがします。さすがにこれだけポップミュージックシーンを席捲しているので、日本においてもだんだんミーゴスについてのいろいろな情報が入ってきて、みなさんも全体像をつかむことができるかもしれませんが、ここではもう一曲、これも普通のポップミュージックファンに届く、彼らの音楽的な広さを感じさせるナンバーを選ばせていただきました。Culture National Anthem。



 ミーゴスの中では特出してポップな曲だけ選んだので、よりディープな形はまた別の形でみなさんがチェックしていただきたいなと思います。

ジャック・ホワイト(Jack White)に学ぶ、ロックに可能性はあるのか?

1、ジャック・ホワイト(Jack White)に学ぶ、ロックに可能性はあるのか?

20180302

中村明美「ジャック・ホワイトの新作「Boarding House Reach」を紹介したいと思います。ジャック・ホワイトはこれまでも数々の驚異的な作品を作ってきたアーティストだと思いますが、この作品もまたぶっ飛んだすごい内容の作品になっています。何が一番驚いたのかというと、ジャック・ホワイトといえば現在のロックの代名詞というか、ロックのギターがうなりまくるという、そういうアーティストなんですが、その彼がなんとヒップホップのアーティストとこの作品では共演しています。もともとはカニエ・ウェスト(Kanye West)などを尊敬していて、この作品ではカニエやケンドリック・ラマー (Kendrick Lamar)なんかの作品に参加しているミュージシャンと共演するという作品になっています。カニエを見ていて、カニエみたいなアーティストは、絶対に彼は曲を作っていないだろうと。彼はミュージシャンを雇って、プロデューサーを雇って、彼らと一緒に演奏しながら曲を作っているんだということに着目して、最も魅かれたところは、今のヒップホップは現在のパンクロックなんじゃないのかという所に彼が注目して、カニエの立場に自分が立って、彼らのミュージシャンと一緒に共演をして、だけどカニエは楽器は演奏しないけれども、自分は楽器も全部演奏するし、曲も作るという中で、どんなものが生まれるんだろうという、ジャック・ホワイトならではのぶっ飛んだ実験をここで行ってみました。その結果できたのが、ヒップホップであり、ジャズであり、パンクロックであり、ロックンロールであり、カントリーであるという、今の社会のカオスをうつしだしたような素晴らしい作品ができました。作り方も、ジャック・ホワイトはいつも自分なりの制限をつけるタイプなのですが、今回もすごく笑ってしまいます。まず、自分の家にはいっぱい人が来るので、アパートに一人で部屋を借りて、隣の人に作っている音が聞こえないように作曲するみたいな。どういうことかというと、楽器を使わないで曲を作ってみようという試みだったようで、その理由というのが、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)のドキュメンタリー映画を見ていた時に、マイケル・ジャクソンはベースのラインをAとかFとかでやってくれとプレイヤーに頼むのではなくて、自分でビートボックスを作って、こういう風にやってといって、自分もメロディーを歌っていたと。マイケル・ジャクソンは脳みその中から曲が作れるのならば、俺もできるんじゃないかという試みだったようです。そして、曲をそうやって作った上で、ジャック・ホワイトはいつもはナッシュビルとかで三日間くらいで録音するみたいなことをやっていたんですが、今回はナッシュビルとニューヨークとロサンジェルスという、ジャック・ホワイトにしては珍しく三か所でレコーディングをして、それぞれの場所でこれまでレコーディングをしたことがないヒップホップのミュージシャンを雇って、そこで初めて出会って、三日間だけで初めて聞いた曲を全員で演奏するみたいなすごいことをやりました。それで、一曲20分くらいになったらしいんですが、ここでもジャック・ホワイトがこれまでやったことがなかったことですが、一回それを持ち帰って3分間のポップソングに仕上げるみたいなとんでもないことをやりました。ジャック・ホワイトというのは結局、いつも自分に困難を課して、その中で自分が信じてきたロックンロールを見つけられるのかということをやっているだなぁと。初めてでやったことがないことをやるのは難しいけれども、今回は新しい挑戦を自分の中で見つけて、このアルバムを作りました。ものすごい人だなぁと思って、本当に尊敬しています。」

渋谷陽一「なるほど。今聞ける三曲を聴いたんですけれども、今回すごいなぁと、まさに振り切った感じがあって、なるほどそういう作り方から生まれたものなんですね。それではその注目のジャック・ホワイトの作品を聞いてください。Connected by Love。」



渋谷「かっこいいですね。でもこのアルバムの飛距離はもっともっとすごいぞというのを感じていただける、もう一曲を紹介したいと思います。Corporation。」





2、ジャック・ホワイト(Jack White)に学ぶ、現在のパンクロックはヒップホップである説

20180408

 ジャック・ホワイトの最新作「Boarding House Reach」からOver and Over and Over。



 すでに海外情報でいっぺん紹介をしておりまして、中村さんから彼がありとあらゆる方法を試しながら、本当に20分の曲を3分に凝縮し、ありとあらゆる音楽ジャンルに挑戦し、そこから新しいスタイルを模索して作り上げた作品だとそういう紹介をしてもらいまして、リードシングルを紹介したんですけれども、今回はじっくり聞こうと思います。このアルバムについてジャック・ホワイトは非常に的確な発言をしていて、僕の番組なんかを聞いていると渋谷陽一はひょっとするとこういうことを言いたいのかなと思いながら聞いている方もいると思いいますが、一介のDJとしてはここまで突っ込んだ発言はできないので婉曲に表現をしていたのですが、ジャック・ホワイトはズバッとこう言っています。

  まず言えるのは、確かにロックンロールは今すごく軟弱でダレた場所にいるということ、そしてロックの代わりにヒップホップが新しいパンクロックとなり、危険である役割を担っていること。だからロックをやっている人達、またはオルタナな世界の人達は、もっと努力して自分を駆り立てなければいけない。コンピューターでレコーディングするようになって、人々が音楽により時間を費やすようになって、それは明かになった。

 ここまでハッキリと言われてしまうと何なんですけれども、本当に私もそう思います。ある意味ロックというのは今危機的な状況の中にあって、ロックがロックであることに自足して、そこからどうイノベイティブであるかということを、当然目指しているアーティストもたくさんいるんですけれども、でも聞く側も「俺たちロックだぜ」でやる側も「俺たちロックだぜ」で、いやいやそういう話じゃなくてという思いは、やはりすぐれたヒップホップアルバムがたくさん出ているこの現状の中にあって、よっぽどヒップホップの方がエッジが立っていて、イノベイティブなのではないかということは、たくさんの優れたロックミュージシャンは持っていて、ジャック・ホワイトはその危機感の中から、ありとあらゆる自分の中にある音楽ソースを総動員して、そしてものすごくちゃんとしたロックンロールを作りたいという思いで、このアルバムを作り上げました。そしてそれは成功していると思います。従来型のロックンロールにこだわることなく、ありとあらゆるジャンルに挑戦しているんですけれども、つづいてはこんな曲でございます。Why Walk a Dog?。



 ジャック・ホワイトはこのアルバムを作っているときに、どんどんこのアルバムが変わっていく、あるときはヘヴィ・メタルアルバムじゃないかと思った時もあれば、あるときはヒップホップアルバムだと思い、あるときはカントリーアルバムだと思えたときもある。そして結局そのすべてが内包された新しいロックンロールアルバムができたと言っていますが、このアルバムを全曲聞くと、本当に彼の言葉がリアルに伝わってくる全13曲なんですよね。このアルバムを海外情報で紹介したときに、Connected By Loveという曲とCorporationという曲を紹介しましたけれども、その2曲の感触からもそれは伝わってきたと思いますし、それから今のWhy Walk a Dog?という曲からも本当にこのアルバムのレンジの広さが伝わったと思います。でも、基本的にはロックンロールであるという。リフから何からありとあらゆる佇まいから、すごく何とも冒険と革新に満ちたすばらしいアルバムになっていると思います。続いてはRespect Commanderという曲があって、これがなかなかおもしろくて、最初に普通のギターリフがあるんですが、もっと早くしようぜってもっと早くなって、楽曲の感触と時代性とスタイルがガクッと変わる所が面白くて、結局またもとに戻ってきたりと、ものすごく時間をかけたと言っていましたけれども、一曲セッションしながら30分以上やって、どの曲も本当はそれぐらいあって、その完成版をいつか出したいみたいなことを言っていましたけれども、そんな感じがリアルに伝わってくるナンバーでございます。Respect Commander。



 すごいですよね。このギターソロも21世紀のギターソロはこういうものだという感じで、このアルバムはすごいんです。ぜひ全曲みなさんに聞いていただきたいと思いますが、もう一曲聞きたいと思います。What's Done Is Done、もう済んでしまったことはどうしょうもないという曲なんですけれども、カントリーでありブルースでありっていうそういうナンバーで、カントリーミュージックやブルースミュージックは一種の悲しみを歌う歌であり、その悲しみは失ってしまった恋人であり、自分の苦しい状況であったり、そういうようなテーマを多くの場合歌ったりするんですけれども、ここで歌われるブルースのテーマであったりカントリーのテーマは、ジャック・ホワイト自身が言っているんですけれども、アメリカではいかに簡単に店に入って銃が買えるのかという悲しい事実を自分は描いたと、まさにその現実に対するブルースだと思います。

  もう済んでしまったことはどうにもならない
  俺にはこれ以上戦えないよ
  だから街に買い物に行くんだ
  銃を手に入れるために
  ちっとも楽しくないんだよ
  毎日うんざりさせられる
  家の中を行きつ戻りつ歩き回るだけで
  誰かの事を考えながら
  なぜなぜなんだ
  リアルなものなど存在せず
  耳を傾けてくれる人は誰もいないように感じるのは
  何かおかしくなるとあの曲が聞こえるんだ
  お前がかつて耳元で歌ってくれた曲が
  もう済んでしまったことはどうにもならない
  俺にはこれ以上戦えないよ
  だから街に買い物に行くんだ
  銃を手に入れるんだ  



 この作品はすばらしい作品だと思うし、彼自身はロックンロールがまた新たに時代に対する影響力と爆発をもたらす、そういう時期がくるんだとそういう思いでこのアルバムを作ったんですけれども、そういう気迫が伝わってくるすばらしいアルバムでございました。

ジミー・ペイジ(Jimmy Page)はなぜソロ作を出さないのか?

20180216

児島由紀子「今年で結成50周年を迎える、渋谷さんのレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)についてです。彼らのライブアルバムでも最高峰といわれる、ファンの中でも評判の高い「How the West Was Won」が最新リマスターでリリースされるんですよ。3月に。これはツェッペリンのオフィシャル側としてはまだ公表したくなかったんですけれども、今はネット時代じゃないですか。有名なネット通販ショップにリストが載っていたのをファンが見つけて、いち早くリークしまして、オフィシャル側もその数時間後に渋々認めたという。昨年末もジミー・ペイジ自身が未発表音源が入ったリマスター盤を出すって言っていたんですね。でも、今年は結成50周年ということで、特別イベントもたくさん予定されているらしくて、今年の後半くらいから始まるみたいですよ。だから、リマスターはほんの手始めですね。」

渋谷陽一「ジミー・ペイジはまだツェッペリンでいろいろやるんだ。」

児島「そう。ジミー・ペイジはまだ未発表音源を隠し持っていたんだと私はびっくりしたんですけれども。」

渋谷「なるほどね。海賊版だとかなんだとかは全部認めないって言ってたんだけれども。」

児島「以前の記者会見では、スタジオ音源としてはもうほとんど残っていないけれども、ライブ音源はまだあるって言ってましたからね。多分今年出るのは、ライブ音源が中心になると思います。」

渋谷「それはもういろいろなところにたくさんあると思うので。」

児島「そう。ジミー・ペイジも日本に行くたびに日本でブートレッグ屋を回っていましたから。」

渋谷「それは有名な話なんですけれども。目撃情報もいっぱいあります。じゃあそれはそれで楽しみだし、ジミー・ペイジ自身がリマスターして、立派な音源に直してくれれば。」

児島「すべて自分がやったことに片をつけておきたいんでしょう。」

渋谷「なるほど。でも、新作を作るという話はどうなったんですかね。」

児島「ジミー・ペイジってボーカルができないでしょ。ロックギタリストのソロアルバムってボーカルができないと非常に不利なんですよ。今のミュージックシーンは歌ものが中心でしょ。なので、ギタリストのソロアルバムはボーカルができないので非常に不利なんですよ。」

渋谷「なるほど。」

児島「ボーカリストを探さないといけないでしょ。」

渋谷「その辺でてこずっているですかね。」

児島「多分そうだと思うんですね。ロックギタリストのインストアルバムなんて、今リリースしても買いますか。エリック・クラプトン(Eric  Clapton)とかジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)とかみたいに自分でボーカルができるのならばどんどんソロアルバムが作れると思うんですけれども。だから、ロバート・プラント(Robert Plant)が黙って自分でソロツアーをやるくらいならば、ツェペリンに戻ってジミー・ペイジとやれと言ってやりたくなるんですよ。みんな。腹が立つのは、ロバート・プラントは自分のソロツアーでツェッペリンの曲をガンガンやっているくせに、再結成を拒むという。潔くないところが、外から見て、私だけではなくファンとしても嫌なわけですよ。自分のソロツアーでツェッペリンの曲をやるくらいならば、いっそのことツェッペリンに戻って一緒にやれってみんな言っているわけですよ。渋谷さんも言ってやってください。」

渋谷「そうですね。実際に言ったりしますけれども。」

児島「というわけで、日本でも『伝説のライブ』という日本タイトルがついているライブ盤はすばらしいですね。ジミー・ペイジ自身もバンドが一番脂がのっていた頃のやつだって言っていました。圧倒的じゃないですか。」

渋谷「じゃあ、それを筆頭にいろいろな音源が出てくるのを楽しみに待ちたいと思います。では、『伝説のライブ』の中から Immigrant Songを聞いていただこうと思います。」



渋谷「ジミー・ペイジ弾きまくっていましたね。1972年のレッド・ツェッペリンすごいですね。ジミー・ペイジも50周年でいろいろなことやって楽しみだけれども、でも私は、児島さんは買う人いないんじゃないかと言っていたジミー・ペイジのギターだけソロ作が出たら買いますけれどもね。私だけじゃなくてそういう人もたくさんいるんじゃないのかなぁと思います。」

キャレキシコ(Calexico)に学ぶ、ロックに可能性はあるのか?

20180216

 キャレキシコでDead in the Water。



 キャレキシコの最新作「The Thread That Keeps Us」。なんと彼らは9枚目なんですよね。アリゾナ出身の、アメリカを代表するというか、非常に有名なインディーバンドであるキャレキシコ。キャリアの中で、まさにオルタナティブでインディーなサウンドを作り続けている彼らなんですけれども、今回のアルバムは本当に素晴らしく、とってもグルーヴィーで、ファンキーで、そしてすごく力強いロックでいいんですよ。最近ロックってなかなか地味じゃないですか。ヒップホップだとか、ポップミュージックだとか、エレクトロニックミュージックのものすごい勢いを前にして、なんとなくロックというと、オールドスクールで、おじさんの音楽で、チャートを見てもほとんど入っていないしみたいな、そういう逆風の中にあって、頑張ってほしいなぁと思うんですけれども、その中で時代とイノベーションとを共に実現しながらポップであるというのはなかなか難しいんですけれども、このキャレキシコの新しいアルバムを聴いていると、すごくその可能性を感じます。じゃあこの作品が売れると思うのかというと、それは難しいかもしれませんが、でもすごくいいよね、ここに何か可能性があるよねっていう気がして、今回は、普通このバンドをここまで力を入れてここまで何曲もかける番組はないと思いますが、いっぱいかけてしまいます。ということで、まずはアルバムのオープニングナンバーから聞いてください。End of the World with You。




 いいですよね。ロックならではの長いギターソロもあるんですけれども、でもそれが古めかしいものではなくて、今の時代にギターソロってどういう形で成立するのかというと、こういう形だよねという形になっているし、ものすごくオーソドックスなエイトビートのドラムが鳴っているんですけれども、でもどう考えてもこれは2018年だよねという。例えば、アーケイド・ファイア(Arcade Fire)みたいなすごく先鋭的でポップで、でもあくまでもロック的なものの中にあるそういうものと非常に近いところにいるんですけれども、でもそれ以上のわかりやすさみたいなものがあって、面白いなぁ、ロックも可能性がすごくあるなぁというのを、僕はこの一曲目を聞いて思いました。そして、続けていったら、二曲目もいいぞ、三曲目もいいぞという感じになったんですけれども、そんな二曲目を今度は聞いていただこうと思います。Voices in the Field。




 気づいた方もいると思いますが、どの曲も短いんですよね。一曲目は2分38秒、二曲目も3分08秒ですし。なんと四曲もかけてしまうんですけれども、Bridge to Nowhereという曲なんですけれども、これも3分07秒。だから、ある意味すごくオルタナティブでインディーな音作りではあるんですけれども、ポップソングとしてきっちり通用する世界観とサイズ感が意識されていて、本当にロックというものがこの時代にどう有効であるのかということが、それはU2みたいに思わず力こぶしを振り上げて正面からやるというやり方もあるのかもしれませんけれども、また別の形での突破口をこのキャレキシコというのはきっちりと作っていると思います。3分07秒のこれもすばらしいポップソングだと思います。Bridge to Nowhere。




 本当に古典的にギターリフですけれども、それにポップなメロディーがあって、本当に音の肌触りの一つ一つの正確な作り上げ方が、2018年のリアル感をしっかり支えている、でも全体すごくオーソドックスなポップロックであるという感じが私的にはすごく気に入っていて、これを聞いているとロックいいなと思える、そんな手ごたえのある作品でございました。

渋谷「ファットボーイ・スリムのリミックスはめちゃめちゃかっこよかったですよね。少しEDM色も入りつつ、非常にモダンな佇まいになっていて、やっぱりダンスミュージックってすごくリズムのパターンとかアレンジのパターンが、時代的な記名性高いので、その時代に盛り上がったビートはその時代のものという感じがするんですよね。でもそのビートが鳴ったから音楽そのものが陳腐化してしまうのかというとそんなことはなくて、音楽が持っているエネルギーとかいろいろな骨格みたいなものは決して失われることはないわけで、そこにダンスミュージックとしてのリズム感とかアレンジがもういっぺん新しい解釈として入ってくると、その音楽は変わっていくんだなぁと思いました。ファットボーイ・スリムというのは、結構その時代の記名性が高かったですからね。あの時代の匂いがすごく強くて、それはそれで、無責任な楽しさというか、盛り上がり感が僕も大好きだったんですけれども、でもそれが今通じるのかというと、その世界観はちょっと修正がいると思いますが、それを新しい若い世代たちがリミックスして提示したわけですね。」
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ