音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ザ・ビートルズ(The Beatles)の曲はなぜカバーをされ続けるのか

20151030

 調べたわけではありませんが、最もカバーされたバンドは明らかにビートルズだと思います。カバーナンバーが無数にあると思います。いろいろ理由があると思いますが、それは彼らがものすごくすばらしい楽曲をたくさん作ったことと同時に、彼らの曲はものすごくキャパシティーが大きくて、どんな解釈でも、つまりポップな方向に振れてもどんな文学的な方向に振れてもなんでも、曲そのものが巨大なキャパシティーを持っているので、いくらでも解釈が可能なんですよね。デヴィッド・ボウイ(David Bowie)でAcross the universe。

 

シリアスな音楽をパーティーロックに変える男、デイヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)

20151030

 ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)のポップなナンバーをそのままポップに歌い飛ばしています。とにかく明るい。デイヴィッド・リー・ロスはブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)やエドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen)が緻密に作り上げる音をパーティーロックに変えてしまいます。おいしい有機野菜を作っても、生で食べるならマヨネーズとかいっぱいかけるよね、なんならケチャップでもかけてみましょうかといった感じです。作っている方は青ざめるかもしれませんが、食する方は案外受けたりするものです。音楽というのは、結局聞き手の受け止め方それ次第ですよね。芸術といっても説明しないと分からない作品は、デイヴィッド・リー・ロスはいらないのでしょうね。California Gurls。

 

 デイヴィッド・リー・ロスはヴァン・ヘイレン(Van Halen)のボーカリストとしてデビューして、この曲が発表された当時はソロとしてやって大成功したんですけれども、その後いろいろありながら、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)の歴史もいろいろあり、デイヴィッド・リー・ロスの歴史もいろいろあり、そして現在は結局古巣のヴァン・ヘイレンに戻って活動をしているんですけれども、当時の筋肉ムキムキのアメリカンなデイヴィッド・リー・ロスとは違って、今はもう痩せて大人になって、それなりの年齢的な深みを持ちながら、でもキャラクターは変わっていないという。いろいろ時間ってこういうものだよなぁ、音楽ってこういうものだよなぁと最近のデイヴィッド・リー・ロスやヴァン・ヘイレンを見たりするといろいろなことを考えたりしますけれども、でもこのキャラの変わらなさはすごいなぁと、パワーですよね。デイヴィッド・リー・ロスの。

「崇められたい(I Wanna Be Adored)」と歌ってデビューしたザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)

20150925

 ファーストアルバムのオープニングで「崇められたい」と歌ったのはとてもマンチェスターらしいなぁと思います。のちのオアシス(Oasis)が「俺はロックンロールスター( Im a rock n roll star)」と歌うのにつながる気がします。

  魂を売る必要はないんだ
  彼はすでに僕の中にいるんだから
  魂を売らなくたっていいんだ
  彼はとっくに僕の中にいるから
  愛されたい
  崇拝されたい
  君は僕に憧れる
  君は僕を崇拝する
  憧れられたい
  憧れられたい

 

 これがファーストアルバムの一曲目ですからね。とんでもない曲でストーン・ローゼズは スタートしているわけです。本当にマンチェスター、ストーン・ローゼズらしいオープニングの曲でありました。

プリンス(Prince)が音楽に呪われていた期間とは?

1、プリンス(Prince)が音楽に呪われていた期間とは?

20150925

 プリンスが1985年に「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ (Around the World in a Day) 」を発表したとき、「いつでも新しい物が作れるということは、ほとんど呪いみたいなものだよ」と言っていたそうですが、確かにこのアルバムは呪われているような気がします。この文脈でいけばどうも最近のプリンスは呪いがとけてしまった感がありますが、この頃のプリンスは最先端のポップミュージックを通常では考えられないスピードで矢継ぎ早に繰り出していた感じがします。

   

2、プリンスは今でも音楽に呪われているのか?

20151023

 プリンスが新しい作品を発表しました。とにかく多作で知られるプリンスなんですけれども、2014年には二枚、ソロ名義と3rdeyegirlとの連名のアルバムを出したのにもう新しアルバムが出ます。前に、プリンスが才能というのは一種の呪いで自分は呪いで押しつぶされそうだと昔プリンスが言っていたけれども、最近のプリンスは呪いがとけてしまった感がしますという指摘をファンからされておりましたけれども、安心してください。プリンスは呪いがとけておりません。まだ十二分に呪われております。「Hit n Run Phase One」という、パートワンに位置付けられていて、これからどんどん出てくると思うんですけれども、ここからまず聞くのがThis Could B Usという、去年発表した「Art Official Age」に入っている曲なんですけれども、全然アレンジも変わって様相が一変して、これがものすごいんですよ。それと二曲続けて聞いていただくんですけれども、前作でプリンスがEDMに挑戦してちょっとびっくりしましたけれども、で、なんとなく僕やっちゃった感があったのですが、完全に一年で自分の中でEDMを消化して、そしてそのEDMの次に行ってしまっているという感じの四ツ打ちダンスナンバーで、プリンスは呪われていますよ。二曲続けて聞いていただきます。This Could B Usと Fallinlove2nite。

    

 今回は作詞家としてもなかなか良くて、Juneというバラードの曲でアルバムが終わります。

  コンロの上でパスタがゆっくり茹で上がっている六月
  まだ納得できずにいる
  だけどきっともうすぐわかるはず
  なかなか会話を切り出せない
  誰も殉教者にはなりたくない
  間違ったカードを切りたくなくて
  何故君はこの惑星に来たの
  何故君はこの人生に降り立ったの
  今はリッチー・ヘブンス(Richie Havens)のサウンドが体になじむ
  ずっとかけっぱなしのレコードから聞こえる声
  僕は時々生まれるのが遅すぎたと感じる時がある
  ウッドストックのステージに生まれていればよかった
  なのに僕はここでひたすらじっとまっている
  今日はどこか有名人の誕生日
  だけど僕が目にしたものはまたも満月だけ
  あれは何だろう
  コンロの上で何かが焦げている
  きっとあのパスタに違いない
  そう今は6月

 かっこいいですよね。いまのプリンスの心境がコンロの上で茹で上がっているパスタと6月というイメージと一緒になって。June。

 

 続いてはHardrockloverという曲を聴いていただこうと思うんですけれども、これはタイトル通りの非常にハードロックテイストな曲なんですけれども、これも挑戦的な歌詞で、
  
  SadeにBabyface
  R&Bに居場所はないね
  だけどハードロックをかけるなら耳をふさいだ方がいい
  女の子たちの叫び声を聞くことになるからさ

 っていうなかなかシニカルなナンバーでございます。Hardrocklover。

   

  正直言うと呪いがとけちゃったのかなぁという曲もあるんですが、全体を聞くとビックリしたりガッカリしたり、ジェットコースターみたいなアルバムです。
 

白人が作った最初のオリジナルラップ曲とは?

20150925

 ザ・クラッシュ(The Clash)が1980年に発表した、ゲリラをテーマにした非常に政治性が強いアルバム「サンディニスタ! (Sandinista!) 」の一曲目、The Magnificent Seven。この曲は白人が作った最初のオリジナルラップ曲と言われ、ワールド・ロック・ナウのジングルとしてもおなじみの曲です。

 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ