音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

2016年の音楽シーンを席捲したのはトロピカル・ハウス(Tropical House)なのか、ダンスホール (Dancehall)なのか?

 今回は、NHKラジオ第2のカルチャーラジオ芸術その魅力「アメリカン・ミュージックの系譜」の第一回「トランプ大統領の登場と2017年のアメリカ音楽」より、2016年の音楽シーンを席捲したのはトロピカル・ハウス(Tropical House)なのか、ダンスホール (Dancehall)なのか、についてまとめます。講師は大和田俊之氏です。

1、2016年の音楽シーンを席捲したレゲエのダンスホール

 2016年のビルボードチャート年間2位のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)でSorry。



 この曲のリズムに注目してほしいと思います。次にビリボード第3位のドレイク(Drake)でOne Danceという曲を聴いてもらいます。ドレイクはカナダ人のラッパーで、アフリカ系でトロントを中心に活躍しているんですけれども、ただアメリカのヒップホップシーンでもっとも人気があるラッパーの一人です。この人のOne Danceという曲がアメリカ合衆国で三番目にヒットした、多分アメリカに住んでいれば誰でも聞いたことがある曲ですね。


 4位のリアーナ(Rihanna)はバルバドス出身の非常に人気のあるR&Bの女性アーティストですけれども、そのWorkという曲です。


 ジャスティン・ビーバー、ドレイク、リアーナの3曲を聞いていただきましたが、この3曲には共通点があります。ジャンルも異なるし出身も異なるんですけれども、全部同じリズムなんです。ズッタズッタズッタズッタという。特にジャスティン・ビーバーのSorryとドレイクは基本的にずっとズッタズッタのリズムです。これはダンスホールというジャマイカをルーツとするレゲエのサブジャンルです。1970年代後半に生まれて80年代90年代とずっとビートが進化していった、ジャマイカ発のリズムです。簡単に言うと2016年のヨーロッパとアメリカは、ほとんどこのリズムが世界的にヒットしたということです。中南米のリズムがアメリカで最もヒットしているということになっているんですね。さらにランキングを見ていくと、11位にSia feat. Sean PaulでCheap Thrillsという曲があります。これもまったく同じリズムの曲なんですが、このショーン・ポール(Sean Paul)という人がジャマイカのシンガーなんですね。この中で唯一本場ジャマイカのシンガーということになります。


 はっきりとダンスホールのリズムが聞けると思います。この4曲でレゲエの本場ジャマイカ出身の人は、この11位に入っている、それも主演ではなくフューチャリングされているショーン・ポールのみです。

2、ダンスホールなのか、トロピカル・ハウスなのか?

 私は今までダンスホールと言ってきましたけれども、2016年に音楽業界でちょっとした論争がありました。このダンスホールと同じズッタズッタズッタズッタというリズムのことを片方ではトロピカル・ハウスという風に呼ぶ人もいるんですね。このトロピカル・ハウスというのはどこから出てきたのかというと、主にヨーロッパの白人のEDMのDJ達です。彼らは、この同じリズムをトロピカル・ハウスって最初呼び出したんです。しかし、これはトロピカル・ハウスではなくて、ジャマイカ発のダンスホールなんだということを、ジャマイカのアーティストを中心に反論があがっていきました。これはどういうことかというと、アメリカの音楽史で何回も繰り返されている、アフリカ系、つまり黒人のビートを白人が搾取したということです。トロピカル・ハウルというのはものすごく売れて、ヨーロッパの白人のDJ達が何万人も集めるような音楽フェスでやったんですけれども、ダンスホールを商業的に少しアレンジしたのがトロピカル・ハウスということです。

3、アメリカにおけるヒスパニック系移民の増大とトランプ大統領の出現

 つまり、2016年にアメリカで一番流行ったのは、カリブ海のジャマイカのリズムだということです。しかも、上位にいるアーティストは必ずしもアメリカ出身ではなくて、カナダだったり、バルバロスだったり他の国の人が、中南米の、カリブ海のビートを用いた曲が、アメリカで最もヒットしているということです。これはとりもなおさず、アメリカにおいて1990年代以降のヒスパニック、あるいはラテン系の移民の増加が影響をしています。今アメリカで最大のマイノリティーはアフリカ系ではなくてヒスパニック系になっているんですけれども、どんどん増えている。それがさまざまな形で文化に現れてきているということなんですね。音楽文化に限りませんけれども、トランプ大統領の当選というのは、このようなアメリカ社会全体の人口動静であったり、文化においてどんどんヒスパニック的なものがせり出してきている事に対する、簡単にいうと反動であると言えます。白人達がもうこれ以上自分達が脅かされるのは勘弁してほしい、アメリカはヨーロッパ系の移民が作り上げた国なんだという、反動として見ることができるのです。ある予測によると2050年にはヒスパニック系の人の人口が3人に1人とか4人に1人になるという話があって、今アメリカにおけるアフリカ系の黒人の割合って12.6%なんですよ。なので、アフリカ系アメリカ人が今はそのくらいの割合で、3人に1人とか4人に1人がヒスパニック系になったら、それはもう私たちが知っているアメリカではなくなってしまうということは言えると思います。つまり、トランプが支持された理由として、音楽文化においても中南米的なもの、ラテン的なもの、ヒスパニック的なものがメインストリームにせり出してきているということが一つ言うことができるということです。

現在の音楽シーンにおける「売れた曲」と「ヒットした曲」の違いとは?

 今回は、NHKラジオ第2のカルチャーラジオ芸術その魅力「アメリカン・ミュージックの系譜」の第一回「トランプ大統領の登場と2017年のアメリカ音楽」より、現在の音楽シーンにおける「売れた曲」と「ヒットした曲」の違いをまとめます。講師は大和田俊之氏です。

 昨年(2016年)のビルボード誌の総合年間チャートのシングルとアルバムのチャートの1位から20位までを見てみます。注意するのは、一番売れた曲ではなくて、一番ヒットした曲です。売れた曲とヒットした曲がどう違うのかというと、もうアメリカではCD屋さんはほとんどありません。ストリーミング、Spotifyとか、Apple musicとか、Pandoraみたいなラジオのようなものもありますし、そういった音楽配信、音楽ストリーミングサービスが主流になっています。ひと月に1000円くらい払うとカタログが全部聞けるというサービスですね。これは音楽の消費の形態がまったく変わってしまったということです。つまり、私たちはレコードがあって、カセットテープがあって、CDがあって、ダウンロードもそうですけれども、ある作品があって、その対価を私たちは払っていたわけですね。今のストリーミングサービスは、ひと月1000円を払うとそこにある音楽がすべて聞けるというのは、対価を払っているというよりは、音楽のデーターベースがあってこの音楽のデーターベースにアクセスする権利を払っているということですね。ドアを開けるために毎月1000円払っているということで、これは作品そのものに対価を払っているとは全く違っていて、アメリカとヨーロッパは完全にそうですけれども、音楽産業は完全にそうなっているということです。ニューヨークに行ってもCD屋さんはほとんどありません。残っていた小さいインディーショップがいくつかあるくらいです。いまはそういう状況になっているので、そうすると売上というものがもはやCDの枚数では数えられないということです。何枚売れたら一番ヒットしたということは言えなくて、ビルボードのチャートはその都度、例えばYoutubeの再生回数をカウントするとか、あるいはSpotifyで何回再生されたらCDが一枚売れたことになるのかということを、その換算を非常に地道に議論して、何年か前にYoububeの再生回数をランキングに加えるかどうかについて大激論になったことがあります。結局それを入れるということになって、日本のチャートとは違う、「売れた曲」のランキングではなくて、あくまでもその年に一番流れて、一番みんなが聞いた曲のランキングになりました。

EDMに向かい合ったロックミュージシャン

1、コールドプレイ(Coldplay) A Sky Full of Stars



2、ベル・アンド・セバスチャン(Belle And Sebastian) Enter Sylvia Plath

 

3、スマッシング・パンプキンズ(The Smashing Pumpkins)Run2me

 

4、トッド・ラングレン(Todd Rundgren) Flesh & Blood





5、プリンス(Prince) Art Official Cage



 



イギリスのミュージシャンは水戸黄門のテーマのイントロ好きである説

水戸黄門主題歌 「あゝ人生に涙あり」

 

1、Oasis - The Importance Of Being Idle

 

2、Manic Street Preachers - Rendition

 

テクノについて

 今回はBBC製作の「DANING in the Street」の「Planet rock」より、テクノについてまとめます。

1、デトロイト・テクノ

 ・ミシガン州のデトロイトではテクノポップが大きな発展をとげた。電子楽器を使って執拗にダンスビートを反復するこの音楽は特にクラブで大好評であった。その中心人物の一人がデリック・メイである。しかし、先進的なテクノサウンドはアメリカの音楽業界からはほとんど無視されていた。それをいち早く評価してとりいれたのがニュー・オーダーなどのイギリスのグループであった。

2、シカゴ・ハウス

 ・デリック・メイが作るような音楽はFMにかかることはほとんどなく、アーティストの名前もほとんど知られることはない。彼らの音楽を聞くには街の小さなクラブに足を運ぶ必要がある。シカゴには、テクノサウンドを聞かせてくれるアンダーグラウンドなクラブがたくさん存在している。こうしたクラブから、テクノよりもメロディーを重視したハウスミュージックが生まれた。フランキー・ナックルズはその中心的な人物として活躍していた。

3、Soul II Soul

 ・1989年、イギリスのクラブから登場したSoul II Soulは、ハウスのレゲエやファンクをミックスしたサウンドで大人気を獲得し、アメリカとイギリスの両方でナンバーワンヒットとなった。Soul II SoulBack To Life

4、アンビエント

 (1)、The Orb

  ・1980年代にはさまざまなサウンドが生み出されていった。しかし、なおも完璧なビートを追求しようという者達がいた。1990年代目前になると1980年代の音楽的な実験をまとめあげるかのようにサンプリングのあらゆるテクニックを駆使してさらに音楽の常識に挑戦しようとするバンドが生まれる。そうしたバンドの一つがThe Orbであった。The Orbは三枚のプラチナアルバムを世に送り出した。

 (2)、セカンド・サマー・オブ・ラブ (The Second Summer Of Love) 

 ・1980年代から1990年代初頭にかけてセカンド・サマー・オブ・ラブという運動がおこった。これは、何千もの人が車を連ねて旅をし、一箇所に集まって夜を踊りあかすものである。1960年代のヒッピームーブメントに似ているが、バックで流れる音楽が違っている。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ