音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)の音楽が持つ力とは?

20160318 

1、伝説のシンガー、ジェフ・バックリィ

 亡くなってもう長い時間がたつ伝説のシンガー、ジェフ・バックリィ。彼が残したと噂されていた、カバー曲を歌ったスタジオテイクが発見されたというか、ようやく世間にだしてもいいと周辺の人が判断したというか、そういう事になって、いよいよ我々は聞くチャンスを得たという、そういう作品が発表されました。「You&I」という作品です。ジェフ・バックリィはみなさんご存じのように、たった一枚のアルバムを発表しただけで、音楽ファンやメディアのみならず、ボブ・ディラン(Bob Dylan)であるとかルー・リード(Lou Reed)であるとかデヴィッド・ボウイ(David Bowie)であるとかジミー・ペイジ(Jimmy Page )であるとかジェフ・ベック(Jeff Beck)であるとかエルヴィス・コステロ(Elvis Costello)であるとか、そういったアーティストから圧倒的な支持を得て、センセーショナルなデビューを飾り、評価においても人気においても絶対的なものを獲得しました。ところが、セカンドアルバムのレコーディング中に亡くなってしまった。事故でおぼれて亡くなってしまったという、そういうショッキングなキャリアの閉じ方がありました。しかし、その後も、例えばイギリスの音楽専門誌の最も偉大な100人のシンガーの中の10位にランクされていたりして、そうした形でたった一枚のオリジナルアルバムによってこの伝説はこれから大きくなるにせよ忘れ去られることはないだろうと、そういうアーティストであります。

2、ジェフ・バックリィの歌のすごさをCalling Youのカバーで確かめる

 彼がデビュー前の1993年にレコーディングされたものなんですけれども、すでにライブ版としてカバーを彼がやっていた時代のライブハウスでのテイクは発表されていて僕たちはすでに聞いているんですけれども、やっぱりスタジオという形でしっかりとレコーディングされたものの持つインパクトはものすごくて、これから何曲か紹介していこうと思います。ジェフ・バックリィという世界的な男性シンガーとしては、本当にその技術においてナンバーワンかもしれないというその存在、歌のすごさが一発で分かる曲にCalling Youがあります。あのバクダッドカフェで有名なあのCalling Youを絶対に誰もが超えられないであろうというあの存在感を、ジェフ・バックリィは正面からカバーして、しかもギター一本の弾き語りで、誰もやらないわけですよ。ホーリー・コール(holly cole)はカバーするときは別の解釈を示したわけですけれども、ジェフ・バックリィはまんまやります。そして恐ろしいことに勝ってしまいます。Calling You。

 

3、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のNight Flightを圧倒的な歌唱力で歌いこなす

 この作品の資料に、いろいろなアーティストのエピソードがのっているんですけれども、トム・ヨーク(Thom Yorke)のこんなエピソードが紹介されています。

  「ザ・ベンズ(The Bends)」制作中、Fake Plastic Treesの録音に難航していたレディオヘッドは休憩をとり、ジェフ・バックリィのライブを見に行った。彼らがバックリィのセットに魅了され、そしてスタジオに戻ってきた時、トム・ヨークはこの曲を二度歌うと、突然泣き出した。」

 という。わかりますよね。ジェフ・バックリィの歌の持つ力というものが。ジミー・ペイジは、

  「ここ一年間で聞いているアルバムは、ジェフ・バックリィの「グレース (Grace)」だ。彼は偉大な偉大なシンガーだ。情緒の幅がものすごく広くて、自分の曲と同様ベンジャミン・ブリテン(Benjamin Britten)や、レナード・コーエン(Leonard Cohen)の曲をあのテクニックで自在に操っていた。技術的に、彼は20年間で登場したシンガーの中で最高だった。ジェフ・バックリィの死は史上最大の損失だ。」

 と言っています。そして、ロバート・プラント(Robert Plant)も、「自分なんかとは全然ランクの違うすごいアーティストだ」という評価をしております。そのレッド・ツェッペリンナンバーをジェフ・バックリィはカバーしているのですが、これが凄まじく、ロバート・プラントの独特の歌い癖そのものがメロディーになっているようなそんな楽曲を、ジェフ・バックリィはなんら変えることなく、圧倒的な力で自分のものにしています。Night Flight。

    

4、未発表曲Dream of You and I

 10曲中8曲がカバーなんですけれども、2曲、GraceのFirst studio recordingバージョンと未発表曲が入っております。Dream of You and Iという曲で、まあ未発表曲というよりは断片のような曲で、ほとんどしゃべりながら歌われます。

  「これからやる曲は夢で聞いた曲。タイトルはYou and I。なぜかというと夢に出てくる人たちが歌っているから。実際の内容はどういうものかというと、歌い手の男の人が女の人に歌っている。愛する人に完全に支配されてしまっている。自分の自由も昼も夜も活動を制限されてしまっていて、自分の夢を取り上げられてしまって、友達にも親にも会わせてもらえない。これが何の集会かというと、エイズの集会だった。これもエイズについての曲だった。あるいはなんかそんな感じ。リフレインにくるとみんながYou and I、You and Iって歌うんだよ。看板をみるとエイズ丸印スラッシュって書いてあり、それをみんな見て、すべては君のためにってうたう。そこで目が覚めた。これを録音しておけばなんとかなるかなぁ。」

 ジェフ・バックリィでDream of You and I。

 

5、ベストカバー曲Just Like a Woman

 このアルバムの中で僕がこれが一番すごいカバーだなぁと思った曲は、ボブ・ディランのJust Like a Womanです。ボブ・ディランよりもこの曲を理解しているのではないかと、そんな思いがしました。ジェフ・バックリィでJust Like a Woman。

      

 6、ジェフ・バックリィの音楽が持つ力とは?

 アデル(Adele)がこう言っているんですよね。

  「気分をあげてくれる音楽を聞こうとしても、そういう物ってあんまり心が通わない。だから聞くのは主にジェフ・バックリィ。生まれてこの方ずっとそうだった。7歳くらいの時に親友と喧嘩した時に、ジェフ・バックリィを聞いたことを覚えている。ママが大ファンだったから。彼の一枚のアルバム「グレース」はいつだって身の回りにあったの。」

 って言っていますけれども、本当にジェフ・バックリィっていうのは、人が聞く音楽がない、もう音楽さえ聞く気になれないくらいダウンになった、そんな状態でもジェフ・バックリィの音は聞けるんじゃないかというそんな力を持っていて、「グレース」というのはそういう作品ですけれども、もう一枚そういう作品がジェフ・バックリィから届けられたなぁという気がします。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ